日本の英語教育は

日本の英語教育は

これも最近政府が打ち出しましたが、大学入試に英語のTOEFL(トーフル)を導入する考えを明かしました。
このTOEFLとは、英語の検定試験で、英語を母国語としない国の人々のために、実施している英語の検定試験です。
この試験は難易度が高く、よく比較されるもう一つの英語検定であるTOEICと比べ、ビジネス的な用語は少ない代わりに、学術的な言葉が多いといわれています。

確かに日本人の英語力を高めるには有効な方法かもしれませんが、他にまだやるべき事があるのかもしれません。

例えばこれも政府が小学校に英語教育を導入する構想を打ち出しましたが、小学校はもちろん、幼稚園や保育園などにもネイティブな講師を常駐させ、ヒアリング力と会話力を身に付けた講師が英会話の授業をたくさん実施することにより、英語をマスターする上において、一番の早道ではないかと思うのは自分だけでしょうか。

幼児は理屈無しに、その意味は理解せず、そのまま言葉を覚えるので、特に外国語のようなアクセントや発音が違う学習はこの年代にやっておくべきだと思います。
できれば学校の規模にもよりますが、各学年ごとにその講師を常駐させるなど、英語の環境作りが大切だと思います。

何度も言いますが、日本語と英語とでは、明らかに発音のアクセント記号が違うのです。
しかも日本語では発音しないようなRやLなどの発音があり、これをマスターするのには最適な年代と思われます。

そしてどうしても日本人はローマ字的な発音になりがちです。
それを是正するためには、やはりネイティブな講師が正しい発音をし、それを小さいうちから聞き慣れることが重要だと感じています。

そうすることで、日本の子どもの英語力がさらに高まるのではないかと思っています。

    お薦めWEBインフォメーション

  • サイト上のみで見積もりから注文まで速やかに行うことができるモノクロ冊子の印刷専門のお店を探しているなら立葉印刷がおすすすめです。低価格なのにかなりの高品質なので安心して任せることができますし、なにより大手のサービスと違って担当者が親身になってくれるので納期まで時間が無くて困っているときに急ぎで対応してもらえたりなど利用しやすいサービスになっています。会員登録するとマイページを持つことができて次回の利用も注文の履歴から簡単にできるので、もしリピートするようなら登録しておくと便利です。とても利用しやすい印刷サービスになっているのでおすすめです。

Copyright(C) 元塾講師が思う、今必要な英語 All Rights Reserved.