英語を覚えるには

英語を覚えるには

英語をマスターするためのポイントはヒアリングと会話にあるとも言われています。

よく日本の英語教育は文法から入るのがよくない、とか言われていますが、確かに会話が出来ないのではどうしようもないですよね。
そして会話ができても相手の話した内容を聞き取れないようでは、会話が成立しない訳ですから、この二つはどうしても分け隔てることができないようです。

この二つをマスターするための一つであるヒアリング力を高めるために乳幼児からの英語教育の必要性が言われているのですね。

この年代は、脳が著しく発達する段階で、まだ新鮮で全てを受け入れる過程にあると思われます。
そのような中で、英語の発音を聞くことは実に新鮮に脳を刺激し、スムーズに受け入れられるようです。

私も幼少の頃、映画好きの親によく洋画専門の映画館に連れて行かれ、全く日本語字幕が読めない中、俳優たちの話す英語とそのシーンを自分なりに想像して、いつの間にか覚えた会話もあります。

よくある会話のシーンで「何があった?」と主人公などが尋ねるシーンがあります。
「What happened?」と良く聞く会話なので、後から中学校などの授業で学んだときに自然とその発音ができたことを覚えています。

アメリカで生まれ育った俳優たちのネイティブイングリッシュを聞ける洋画は、まさに生きた英語ヒアリング教室でした。
そしてその発音が重要となる会話力も、相手に言葉が理解される発音力を身に付けるには格好の教材でしたね。

日本人はLとRの発音が苦手で相手に言葉の意味が伝わらないと、よく言われます。
それはネイティブイングリッシュを聞いていなかったからでしょう。
日本語ではそのような発音がないので、舌を丸めてしゃべるといった独特の言い回しが苦手なんですね。
それは中国語など、他の外国語にもいえるかと思います。

乳幼児からのヒアリング力を付けるためにも、ネイティブな会話を聞かせることが大事なようですね。

    人気サイトのリンク集

  • 日常会話、ビジネス英語、TOEIC、TOEFL IBT、英検、SATの対策が出来る京都の英会話レッスン教室なら、質と志の高いネイティブ・バイリンガル講師が個々にあったレッスンに対応したプライベートレッスンをおこなってくれるのでオススメです。

Copyright(C) 元塾講師が思う、今必要な英語 All Rights Reserved.